点滴療法メニュー

sp_btn01.png sp_btn02.png sp_btn03.png

高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)

ビタミンCの働き

「ビタミンC」と言えば、お肌に良い栄養分の一つであるというイメージが強いかと思いますが、実は以下の働きを持っています。

  • 免疫力を高める
  • 抗酸化作用がある
  • 抗腫瘍効果がある
  • 酵素の働きを助ける
  • 解毒作用を発揮する
  • 鉄の吸収を助ける

2005年にはアメリカ合衆国の国際健康期間が「ビタミンCは抗がん剤としての作用を持ちながら、正常細胞は全く傷つけない」と発表しており、その効果が正式に認められている一方で、がんや慢性疾患を持つ人は、血液や細胞内にあるビタミンC濃度が著しく低下していると考えられます。そこで、点滴によってビタミンCを補うのが「高濃度ビタミンC点滴療法」です。

高濃度ビタミンC点滴療法を特にお勧めしたい方

  • がん患者
  • C型肝炎、気管支炎などの感染症
  • アレルギー疾患
  • 関節リウマチ
  • 喘息
  • アトピー
  • 風邪をひきやすい
  • 疲れやすい
  • ストレスを感じやすい

これらの疾患や症状を持ちながら、有効な治療法がない、もしくはさらに有効な治療法を探している方には「高濃度ビタミンC点滴療法」がお勧めです。

※一方で、心不全、腎不全、G6PD欠損症の方には、高濃度ビタミンC点滴療法は適しません。

高濃度ビタミンC点滴療法の進め方

高濃度ビタミンC点滴療法は、ただ濃度の高いビタミンCを点滴すれば良いというものではありません。きちんと安全管理をして、患者さんにも十分な説明をしながら進めていく必要があります。

1カウンセリング

現在罹っている疾患や、抱えているお悩みについて、十分な時間を取ってお話していきます。

2治療計画作成

患者さんと一緒に、どのようなゴールを目指して治療をしていくかを決めていきます。

3説明

具体的な治療内容や料金などについて、分かりやすく説明します。ご不明な点がありましたら、何でもお気軽にお聞きください。

4同意

十分に理解、納得されましたら、同意書にサインをして頂きます。

5治療の日程調整

具体的にいつから治療を開始するのかを決めます。

6血液検査(G6PDテスト)

高濃度のビタミンCを点滴しても身体に問題が起きないかどうかを事前に確認します。高濃度ビタミンC点滴療法は、医学的知見に基づいて安全に行うことが重要です。

7治療開始

治療計画に則り、実際に高濃度ビタミンCの点滴を行います。

※最初はなるべく3日連続で点滴します。
※その後は、週2〜3回のペースで、徐々に量を増やしながら点滴を続けていきます。
※点滴を受けない日は、サプリメントによるビタミンC摂取をして頂きます。
※ビタミンCを投与すると喉が乾きやすくなりますので、飲み物をご持参ください。

G6PDテストとは

私たちの体内には、赤血球膜の酸化を防ぐ酵素「G6PD」がありますが、稀に、遺伝的にこの酵素が欠損している方がいます。G6PDがない方が体内に高濃度ビタミンCを取り込むと、溶血発作を起こしてしまうため、事前に正常にG6PDが体内で作られているのかどうかを確認します。これが「G6PDテスト」です。

料金

G6PDテスト+生化学検査+高濃度ビタミンC点滴12.5g 20,000円(税抜)
G6PDテスト+高濃度ビタミンC点滴12.5g 16,000円(税抜)
G6PDテスト+生化学検査 14,000円(税抜)
G6PDテスト 10,000円(税抜)

よくあるご質問

Q

高濃度ビタミンC点滴療法は誰でも安全に受けることができますか?

A

当院では、安全に高濃度ビタミンC点滴療法を行うため、すべての方にG6PDテストを受けて頂いております。また、併用できない抗がん剤もありますので、事前にきちんとカウンセリングや説明を行い、安全性が確認された場合にのみ、高濃度ビタミンC点滴療法を受けて頂くようにしています。

Q

がん患者に高濃度ビタミンC点滴療法が有効な理由を教えてください。

A

手術、抗がん剤、放射線などによる治療が一般的ですが、これらの治療と並行して高濃度ビタミンC点滴療法を実施することで、治療成績が良くなることが明らかになっています。また、がん患者の方は鬱病になりやすいことが知られていますが、その症状を改善する効果も認められています。

Q

子供も高濃度ビタミンC点滴療法を受けられますか?

A

高濃度ビタミンC点滴療法は安全性が確認されている治療方法ですが、18歳未満の子供に対しての安全性確認はまだされていません。どうしても子供に受けさせたいという方は、個別にご相談ください。

Q

ビタミンCのサプリメントを飲めば、高濃度ビタミンC点滴療法と同じ効果が得られますか?

A

例えば、がん細胞にダメージを与えるためには、非常に高いビタミンC濃度が必要ですが、サプリメントを飲むだけで十分な濃度を満たすことはできません。ただし、血中のビタミンC濃度の低下を防ぐためにサプリメントを飲むことはお勧めしています。

Q

高濃度ビタミンC点滴療法には保険が適用されますか?

A

日本ではまだ厚生労働省の認可を受けていない自由診療のため、すべて自費扱いとなります。

プラセンタ注射

プラセンタは、胎盤から抽出されたエキスで、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などの豊富な栄養素が含まれています。特に抗酸化力アップや免疫力アップに対する効果があるとされ、美容目的でプラセンタ注射を受けられる方が増えています。なお、当院では、欧州渡航歴のない方の胎盤から作られた安全なプラセンタのみを使用していますので、安心して受けて頂ければと思います。

プラセンタ注射を特にお勧めしたい方

  • アトピー
  • 更年期障害
  • 喘息
  • 膠原病
  • 関節リウマチ
  • 鬱病
  • 男性機能低下
  • 肌荒れ
  • 腰痛、脊柱管狭窄症
  • 肝炎、肝硬変
  • がん

料金

  • 1,000円(税抜)

ニンニク点滴

にんにくの成分「ビタミンB1」や「ビタミンB2」などが含まれた点滴です。これらの成分が体内で糖質を燃やして、筋肉や神経の働きを活発にします。なお、点滴中は少しにんにくの香りを感じることがありますが、にんにくそのものが入っているわけではなく、口臭が出ることもありません。

通常 1,000円(税抜)
高濃度ビタミンC点滴療法を受けられている方 700円(税抜)
坪田医院TEL:06-6709-2666 cellerTEL:06-6709-2667 繋がらない場合は090-6069-0850